在籍確認なしキャッシング、おすすめ業者ランキング!

信用情報の閲覧を回避する方法はないものか?

審査

残念ですが、信用情報の閲覧なしに審査に通ることはできません。

 

信用情報の確認は絶対です!強制です!

 

信用情報をどーっしても見られたくない。というなら闇金にお世話にならざるを得ません。
それは是が非でも辞めていただきたいです。

 

さてさて、どうして信用情報の閲覧は絶対なんでしょうか。

きっとキャッシングに申し込む8割くらいの人が信用情報の閲覧にドギマギしていることでしょう。

 

管理人もそのうちの一人です。

ドギマギする

 

どうして消費者金融でも銀行でも街金でも信用情報の閲覧が絶対なのかというと、
本当に返せる人なのかを見極める術がそれしかないからです。

 

審査では信用情報のほかにも年収や勤務先、勤続年数も審査対象となりますが、
それらの情報だけでは返済できる人なのかどうかをジャッジすることはできません。

 

信用情報はいままでのキャッシング遍歴、現在の借入状況、返済状況など
『お金に関する信用度』が一目瞭然で分かるので、欠かせない審査なんですね。

 

信用情報ってどこが管理しているの?

信用情報を管理しているのは信用情報機関といわれるところで、
代表的なところではCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)やJICC(日本信用情報機構)があります。

 

信用情報機関の名前なんて初めて聞いたし、登録した覚えなんてない!と思っていても、
クレジットカードの発行や、スマホ本体代の分割払いを経験している人なら
全員知らぬ間に登録されているものだと思っておきましょう。
うそ!?

 

信用情報機関にはキャッシングでの情報だけでなく、
クレジットカードの分割の支払い状況なども管理されており、滞納の情報があると審査には不利になります。

 

キャッシング会社が敬遠する利用者って?

キャッシング会社が信用情報の審査で敬遠する利用者は、

  • 3ヶ月以上の滞納を5年以内にしたことがある
  • 何度も滞納を繰り返している
  • 多重債務者
  • 債務整理をここ5〜10年にしたことがある

 

これらの情報が読み取れると審査通過率が悪くなる可能性があります。

 

滞納や債務整理は返済ができないことを連想させるので、
キャッシング会社からすればリスクが高い相手となりますからね…。

 

キャッシングをするには審査が絶対!

キャッシングをするには信用情報の閲覧が絶対の理由は分かってもらえましたか?

 

お金を貸すときに返せるかどうかを見極めたい気持ちは業者でなくともわかることでしょう。

 

信用情報見られるのドキドキだけど、キャッシングすると決めたら腹をくくってさぁ審査を受けましょう!

 

トップページ〜在籍確認なしキャッシングのおすすめランキング!〜に戻る