融資に断られる理由に多いこと

キャッシングは突発的な出費が生じたときなどにとても便利ですし、
気軽に借りられるイメージがありますね。

 

確かにネットで契約ができますし、即日融資もしてもらえるなど、
もはや誰でも利用できるような感じになっているかもしれません。

 

しかし、勿論キャッシングできない方もいるのです。

 

安定した定期的収入がない

融資してもらえるには、確実な返済ということが第一条件ですから、
まず働いていて定期的に収入があるということが第一ですね。

 

これをクリアしていると大抵は大丈夫なはずですが、
それでもキャッシングできないとなれば、在籍確認不可であったということが考えられます。

 

在籍確認がとれない

働いていることを確認するため、会社に在籍確認をするのですが、
在籍確認不可であった場合は融資はできません。

 

そして過去に金融事故があったということも考えられます。

 

過去に何らかの金融事故を起こしている

金融事故というのは、返済が遅れた、踏み倒したということを指します。

 

すべて信用情報として登録されているので、
自分で覚えていなくても業者側はデータとして持っています。

 

それから、過去に債務整理をした、現在債務整理中という方も信用情報に登録されているので、
この場合は履歴がクリアになるまでは融資が断られてしまうでしょう。

 

履歴がクリアになっても、過去に債務整理をした業者からは半永久的に取引してもらえないと考えられます。

 

電話機イラスト

在籍確認なしでキャッシングできるおすすめ業者ランキング

キャッシングするなら、
基本的に職場への在籍確認電話は必要なものですが、
業者の中には「電話での在籍確認がない」キャッシングもあるんです!

 

電話での在籍確認なしでキャッシングできる、
おすすめの業者をランキング形式でまとめてみましたので、
参考にしてもらえると思います!ランキングはこちら